読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白血病と女王蜂

母が白血病になりました。家族と、旦那と、猫ズと私。

父と姉の大ゲンカ

誠に恥ずかしい話ではあるが、読んでる人も少ないので記録として書きます。

 

12月に父と姉が大ゲンカをした。

乳飲み子を連れて、母不在の実家で一緒に暮らす中で、姉が父にブチ切れたのである。

予兆は私も姉から感じていたが、まさか同居生活1ヶ月もたたないうちに、われわれ家族史上1.2位を争う大ゲンカへ発展するとまでは思っていなかった。

(ちなみに1位は、12年前のシンガポール国際空港での大ゲンカ)

ブログの最初でも触れたが、父は少し嫌味がちというかなんというか、不満を小出しに口や態度に出すことで自分のバランスを取っているところがある。当然父なりにその嫌味なり態度なりをする理由(不満)があるのであろうが、「楽しくする努力は怠るくせに、機嫌の垂れ流しを目の当たりにさせられる側はたまらない」というのが概ね昔からの姉と母の意見で、無邪気な妹の私は父のそういうところに、都度気付きはしても割と気にならないから間に立って空気が最悪になるのを防ぐ、というのが我が家のパターンであった。

 

父が姉に起因していないこと(疲れてる、等)で嫌な言動をする⇨姉は怒りが溜まり、父に優しく接するのが馬鹿馬鹿しくなってくる⇨父「なーんかお姉ちゃんピリピリしてる。パパだって掃除とか頑張ってるのに…」⇨すれ違う心⇨〜繰り返し〜⇨姉キレる⇨姉出て行く⇨私、召喚される(夜) …

という流れだったのだが…書いててこんなこと世界に向けて発信することではないなとも思うのだが…。

多分わが家は、周りから見ればとても仲の良い家族だと思う。大人になってからも一緒に海外旅行に何度も行ったし、去年の父の誕生日には還暦祝いとして表参道のレストランにみんなで出かけて盛大にやったりもした。表参道、というところがポイントである。

母が白血病になったと親しい間柄の人に告げると必ず、「家族みんなで力を合わせてママを支えてあげてね」「あなたたちファミリーなら絶対乗り越えられる」と、優しい言葉をかけてもらったものだが、現実には、ひと月もたたないうちに長女と父は喧嘩をし、次女は右往左往してるだけ。でも確かにこの時、母の病気発覚から緊急入院、一時退院が見えてきた頃、私たちはそれぞれ辛い現実に立ち向かいながら母の為に出来ることを精一杯していた。していたけれど、例えば一時退院する母の為に実家をチリひとつない状態に仕上げる掃除のやり方や捨てる家具類のことひとつひとつで軋轢は生じ、父はそれに対して憤り、姉はこんな時になっても自分の悪いところじゃなく掃除の話にすり替える父に苛立った。相手の何を許せないかという家族それぞれの主張があったので、起こるべくして起きた大喧嘩である。

畏れ多くも最年少の私が各人の話を聞き、父は姉との論点の違いに気付いてくれ、一応は姉に謝ったが、姉は母の一時退院までは私の家に滞在して父とは距離をおくことになった。

 

私たち家族は美しく一丸となって母の闘病の日々の最初のひと月を送ることは正直、出来なかった。

こんな時に、喧嘩してる場合じゃないだろうという話だけれど。

でも、こんな時に家族喧嘩してしまったけれど、そんな中で、それぞれが母の病気の毎日の数値を見るにつけ、今後のことを思うにつけ、不安になって泣いていた。そんな中で、父も姉も私も毎日病院にお見舞いに行って、父と姉は毎日母の洗濯物をやってくれ、姉はたくさんのストレスの中、7ヶ月ベイビーを育てていた。みんなで毎週末かけて、実家の不要な家具や思い出の品を整理し、1トントラックを呼んで産廃業者に持って行ってもらい、カーテンと布団をクリーニングに出した。父は、ダイソンのいちばんいいコードレス掃除機を買ってくれた。

すべては母の一時退院の為に。病気を治してもらってこれからも暮らす家を、母にとって快適なものにする為に。

こうして事件も起こりつつ、それでも母を中心に、家族は過ごしていたのだった。

これが今のありのままのうちの家族の形なのだろう。

 

ちなみに母は、姉が耐えきれず父のことを愚痴ると、急にイキイキとして対応を指示していた。

我が家の女性陣はこういう時、とても結束力が強いのである。

 

f:id:Chame_Fudge:20170413214324j:image