読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白血病と女王蜂

母が白血病になりました。家族と、旦那と、猫ズと私。

抗がん剤スタート

2016年12月1日、寛解導入療法スタート、つまり、初めての抗がん剤スタート。 今回は8日間、24時間ぶっ続けで投与し、血液中のがん細胞を減らし(同時に正常な血液細胞も破壊してしまう)、投与終了後にヨーイドンでがん細胞と正常な血液細胞がどう増えていくか…

富士山が見える。病院生活の始まり。

いよいよ明日から入院という11月の下旬の日は、私も実家で過ごした。姉は育休中でもあるので、今後は実家で父と甥と暮らして毎日母を見舞ってくれるつもりだそうだ。 色々な書類にサインしたり持ち物を準備したりしているうちに夜になり、私が家に帰る段にな…

家族の病気を、職場へ報告する

病気の告白の次の日は会社だった。 頭にもやがかかったようではあるが、会社には報告しなければいけないんだろうなという常識が、社会人を8年もしてるとよぎる。 支店長に言わなくちゃ。 ちなみに私は銀行勤めである。 朝イチに支店長のところへ行けず、 日…

骨髄異形成症候群を伴う急性骨髄性白血病

幸いなことに、という表現が正しいのかは分からないが、県でいちばん大きながんセンターが、実家から15分の距離にある。私の家からも車で15分だ。 12月1日から入院。 抗がん剤のスタート。 主治医の先生の説明によると。 白血病にもいくつか種類があるが、母…

家族みんないる時に話すこと

2016年11月。 その日まではいつも通りに過ごしていた。 前日、父からメールがあった。 「明日、祝日だからお姉ちゃんの家にママと行くんだけど、一緒に行かない?出来れば陽ちゃんも一緒に」 陽ちゃんとは私の旦那のことである。 このメールを見ても特に何と…

書き留めるということ。

「嫌なことや悲しい出来事は、残るのが嫌だから、書き残さない。」 そういう考え方を教えてくれたのは姉だった。 あれは私が中3の時、姉が高1でオーストラリアに留学している時だったか、電話か手紙でそんな会話をした。後になって思えば、姉は留学先で、い…